「大工」は好きかな?嫌いかな?さまざま感じ方があるかもしれないけど、必ずしも悪くはないんじゃないかな、「感動」。そう感じたりしない?

「大工」は好きかな?嫌いかな?さまざま感じ方があるかもしれないけど、必ずしも悪くはないんじゃないかな、「感動」。そう感じたりしない?

丸眼鏡の作家は騙されてなんかない

↑ページの先頭へ
枠上

汗をたらして自転車をこぐ母さんとあられ雲

とある変わった内容の仕事が舞い込んできたとき「まあ、なんとかなる」と考えていた昔。
その時、自分を含む新人みんなが「過ぎちゃえば割と簡単なことだよ」とあっさりとらえていた。
見かねた指導専門の先輩が促したセリフが記憶に残っている。
「達成に向かって頑張って準備をしたからこそ、業務終了後に成功するだけの話。
なので、みんなのように軽く過ごしていて、偶然にも事が単純だったという意味は含まれていません。
終わってしまえば簡単だったといった言葉の裏にあるのは、それとは逆です。
甘く見ずにじゅうぶん勉強し準備を進めたからこそ力が有り余って、内容がスムーズに進んだという事を言っています。
しっかり本気になれましたか?
なめていないで真剣に取り組んでください。」
という事だった。
それから、私は必死に勉強しうまく収めきることができた。

雪の降る木曜の夕暮れにシャワーを
普段、アパートで個人で出来るような仕事して、たまに誘いがかかると外に仕事に参加する。
そのひと月に何回が、最高にめんどく感じてしまう。
ここまで嫌なら引き受けるの辞めてしまおうとか。
行くと張り切るけど、大勢の人間にはさまれて、団体で業務をこなすのは難題だ。
と、友人に相談すると、気持ちは分かるよ、とクスクス笑っていた。
枠下 枠上

息もつかさず走るあの人と気の抜けたコーラ

いまどき珍しく、私の部屋は、冷房も暖房もないようなところだ。
だから、扇風機と冷やしたミリンダを持って過ごす。
先日、扇風機をどかそうと思い、回したまま抱えてしまった。
その後、扇風機の歯車が停止したので「え・・・?」と不思議に思い,手元を見た。
気付かなかったのが、回転に支障を出しているのは、正しく自分の指だった。
怖くなって手を放すと、また歯は元気に回転を始め、自分の指からは血がにじんできた。
痛みもなにも感じなかったが、気を付けたいと心に留めた。

勢いで体操するあなたと壊れた自動販売機
普段、至ってさっぱりした格好をしている私は、かなりビビられるけど。
靴下やコスメや時計まで勢ぞろいで、ラインで使いたいと考えれば節約生活になりそうだ。
でも、着道楽はやめられない。
枠下 枠上

よく晴れた週末の午後は窓から

去年の休日、私は彼氏と、横浜から一般道を利用し、逗子海岸にやってきた。
目的は、大好きな一眼レフのカメラで海岸を撮るためだったけれど、なかなかうまく映らない。
海は久しぶりだったので、そのうち裸足になって海の中に入りはじめた。
だんだん飽きて、浜辺で小さな城を作ることをして遊びはじめた。
そこ位までは、絶対にそばにあった白のデジタル一眼。
じゅうぶん満喫して、帰る最中、ガソリンスタンドでデジタル一眼がない事に気が付いた。
仕方なく部屋まで帰ってきたけど、長い間、最高に残念な思いをしたのを覚えている。
たくさんの写真が入った大好きなデジタル一眼、現在はどこにいるんだろう?

ゆったりと話すあなたと飛行機雲
2年前から、九州の南に住んで台風の直撃をとても気にするようになった。
風の被害が全然違うからだ。
長崎に住んでいたことも埼玉に住んでいたこともあるが、しかし、台風の風が全く違う。
サッカーのゴールが転がり走ると話を聞いた時は、オーバーだと思ったが、本当だった。
大型台風が直撃した後は、高いヤシや大木は倒れ、海辺の道路はゴミでたくさんで車で走るのにも道を選ばないと通れない。
海辺の民家では、車のガラスが破損したり、民家のガラスが割れ、天井が壊れたりと本当かと思っていたようなことを目撃した。
直撃せずにかすめていくだけでも風はめっちゃ強く、古い家にいると家の揺れる音がとても心配してしまう。
枠下 枠上

熱中して話す兄さんと失くしたストラップ

いつものスーパーで買い出しをしていた。
冷凍食品のコーナーで、チャーハンをさがしていた。
物色していたら、韓国文字で表記されている箱を見つけた。
確認すると、韓国で良く見かけるトッポギだった。
昨年、釜山へ向かった時に、何度も韓国まで渡航している友達に教えてもらったトッポギ。
海を越えた日本で冷食になって、あのトッポギが買えるなんて、びっくりだった。

ゆったりと歌う姉妹と突風
ブームが去った今、ニンテンドーDSに虜にされている。
はじめは、DS英単語にもっと英語漬けやターゲットのゲームソフトを使っていただけのことだった。
だけど、ベスト電器でソフトを見ていたら、英語関係以外もついつい見てしまい、気に入るとすぐに欲しくなってしまう。
トモダチコレクションやマリオパーティー、桃太郎電鉄など。
便利なもので、旅の指さし会話帳も発売されている。
例えば、電車内などの暇な時間にも活躍しそうだ。
枠下 枠上

前のめりで話す彼と失くしたストラップ

旅行でも仕事としてでも、韓国に行く機会が多い。
特に、港町プサン。
観光ももちろんだが、特に女の人は韓国製化粧品や小物など興味を持っている人も多いと思う。
韓国人は見た目へのこだわり、つまり外見を磨くことに関しての力は素晴らしいといわれる。
就職活動や、パートナー選びの際に、日本よりも露骨に判断される場合が多い。
よって、韓国で販売される基礎化粧品は、肌に良い成分が日本の商品より、多く含まれている。
という事から、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが結果は期待してしまう。

風の強い月曜の早朝は窓から
絵やフォトなど美術が好きだし、絵も下手ではないけれど、写真撮影がとても苦手だ。
なのに、過去に一人前に、ペンタックスの一眼を大切にしていた時もあり、なにがなんでも持ち歩いたりした。
ビックリするくらいレンズが合ってなかったり、芸術のかけらもない配置なので、レフが笑っているようだった。
それは置いておいても、写真や加工はやっぱり最高に楽しいと感じる芸術だ!
枠下
枠下
枠上

コンテンツ

枠下
Copyright (c) 2015 丸眼鏡の作家は騙されてなんかない All rights reserved.